こんにちは!静岡市に拠点を置き、さまざまな地域で電気工事に承っている株式会社八木電気です。
取り付けやメンテナンスなど各種エアコン工事やアンテナ工事にもご対応しております。

さて2018年の12月から、ついに4K8Kの衛星放送がはじまりましたね。

地上デジタル放送への切り替え時には、テレビを買い替えるという選択肢しかほぼなかったわけですが、今回の4K8K放送についてはどうなのでしょうか。

とはいえ「4K8K放送を見るためにはアンテナを替えればいいんだっけ?」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「4K8K放送に対応するにはアンテナ工事が必要?」というトピックを取り上げます。


そもそも4K8K放送とは


4K8K放送について話すために、まずは2K放送についてご説明しましょう。
2K放送とは、従来からある地上デジタル放送(ハイビジョン)のことです。

この2K放送の画素数を基本とすると、4Kは2Kの2倍の画素数の放送、8Kは2Kの4倍の画素数の放送となります。

ちなみに、1K(キロ)= 1000画素ですから、8Kを画素数で表すと8000画素となります。

つまりKの前につく数字が大きいほど、よりきれいな画像を視聴できるということなのです。


電波の種類


少し専門的な話になりますが、電波は右旋円偏波と左旋円偏波の二種類にわけることができます。

2K4Kの電波は右旋円偏波を使用していますが、4K8Kの電波は従来より高い周波数である2224MHz~3224MHzまでの帯域に対応する左旋円偏波を使用しています。

4K8K衛星放送対応のBSアンテナの場合は、右旋円偏波(BS)では2224MHz~2681MHzまで、左旋円偏波(CS)では2748MHz~3224MHzまで出力されるため、右旋円偏波、左旋円偏波の両方で4K8K衛星放送を受信することが可能になります。

しかし従来のBSアンテナでは、右旋円偏波(BS)での4K放送のみしか受信できません。


4K8K放送を見るために


では、4K8K放送を見るためにはどうすればいいのでしょうか。

さきほどお話ししたように4K8Kの電波は、従来の電波帯域よりも高い周波数となるため、BS・CSアンテナやミキサー、ブースター、分配器なども、対応のものに取り替えが必要ですし、テレビ本体も対応のものが必要になります。

アンテナだけを見れば、従来のBSアンテナでも4K放送の受信は可能だというものの、4Kに対応するテレビやチューナーなどが必要でしょう。

つまり手持ちのテレビの種類やアンテナ、見たい放送の種類によって、必要とする工事や買わなければならない機器は変わってきます。


ここまで「4K8K放送に対応するにはアンテナ工事が必要?」についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

せっかく買い替えたのに、4K8K放送が見られないなんていうことにならないためにも、専門業者にトータルでご相談することをおすすめします。


電気工事は株式会社八木電気へ!


電気工事やエアコン工事、アンテナ工事などは、信頼と実績の株式会社八木電気にお声がけください。

また各種電気設備の工事や保守などをご検討の際には弊社までご一報ください。

個人のお客様から法人様まで、どんなお困りごとにもご対応します。
どんな相談でもかまいませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。


静岡県の電気工事・メンテナンス、アンテナ工事は静岡市の株式会社八木電気
〒420-0949 静岡県静岡市葵区与一3丁目10-16
電話:054-659-4379 FAX:054-659-4380
携帯番号:090-3556-1947
【お問い合わせはこちら】
LINE@